トップページ > 健康なココロと体を作るごはん 滋賀めし

健康いっぱい!滋賀めし おいしいが うれしが

健康なココロと体を作るごはん滋賀めし

滋賀県の地産地消を進める「おいしが うれしが」キャンペーンの一環として、地産地消を通じた食で滋賀県民の皆さんがさらに健康になっていただける、そんなメニューを「滋賀めし」として展開します。

知っていますか?滋賀県民の"野菜不足"

知っていますか?滋賀県民の 野菜不足
滋賀県は全国屈指の健康長寿県です。※1
その背景には、豊かな自然環境や生活環境のもと運動やボランティアが活発に行われるなど、健康的な生活習慣が形成されていることが考えられますが、意外にも野菜摂取量は不足しています。※2 ※1 平均寿命は男性全国1位、女性全国4位(「平成27年都道府県別生命表」厚生労働省)
※2 野菜摂取量の目標は男女とも1日350g。県平均は280gで70g不足。

滋賀の美味しさ召し上がれ「滋賀めし」

滋賀の美味しさ召し上がれ「滋賀めし」
「滋賀めし」のテーマは「健康に美味しく食べられる地産地消の食事」です。県内では、近江米や近江牛だけでなくたくさんの野菜も作られています。これをもっと上手に活用しないのはもったいない!
そこで「滋賀めし」と題し、野菜摂取不足を解消するため野菜をたっぷり使い(120g以上/1食)、滋賀の食材を美味しく召し上がれる食事を提案しています。「滋賀めし」は、出汁のうま味などを活かし野菜を食べる際に増えてしまいがちな塩分を極力増やさないように工夫もしています。

「滋賀めし」の定義・名称・ロゴマーク

滋賀めしの定義
・塩分を増やさず※1に必要な野菜等を多く摂取※2できること。
・滋賀県産農畜水産物を2種類以上使用する。
・うち1種類は、野菜類もしくは豆類のどちらかを必ず使用する。
・滋賀県ならではの特徴があることが望ましい。
・使用する野菜は可能な限り県産野菜とする。

※1 通常の味付けより塩分量が増えないこと。
※2 食当たり120g以上の野菜を中心とした副菜が摂取できるものとする。

滋賀めし パンフレット
滋賀めし パンフレット
ダウンロード

Page Top