トップページ > レシピ集 > 伊吹大根、赤丸かぶ、北之庄菜を使ったソーセージと根菜ポトフの餡かけ

レシピ集

伊吹大根、赤丸かぶ、北之庄菜を使ったソーセージと根菜ポトフの餡かけ

カテゴリ:「」「」「」「

伊吹大根、赤丸かぶ、北之庄菜を使ったソーセージと根菜ポトフの餡かけ

材料

4人前

ソーセージ(あらびきソーセージ) 8本
伊吹大根 300g
赤丸かぶ 300g
北之庄菜 300g
人参 中1本
玉葱 大1個
じゃがいも 小4個
ブロッコリー 4房
800cc
小さじ1
胡椒 少々
顆粒コンソメ 小さじ2
からし(又は生姜) 少々

作り方

  • ① 各根菜の皮を剥ぎ、少し大きめ(一口大)に切る。この時、根菜の切り方をそれぞれ変え、輪切り、銀杏切り、半月きりにする。
  • ② 他の野菜と人参(銀杏切り)、玉葱(4つ切)、じゃがいも(丸のまま)、ソーセージ(包丁で斜めに切り目を入れる)をそれぞれ切る。
  • ③ ① 、② の食材を鍋に入れた後、上から水を入れて強火で10分間アクを取りながら煮る。
  • ④ 10分経ったら顆粒コンソメを③ に加え、さらに約40分間弱火で煮込み、野菜の煮え具合を見ながら、塩・胡椒で味を整える。
  • ⑤ 味が整ったら鍋の中の具のみを先にお皿に盛りつけ、別でボイルしておいたブロッコリーを盛り付ける。
    ※鍋のスープは鍋に残しておく。
  • ⑥ ⑤ で残しておいたスープを火にかけ、吉野葛または片栗粉(水で溶いたもの)で餡を作り、上からスープを具にかけて出来上がり。お好みでカラシをつけてたり、餡にすり生姜を加えても美味。

[このレシピの生い立ち]
里湯昔話 雄山荘にご協力いただき、同旅館で販売された「近江牛すじ入りポトフ」を家庭で食べられるようにアレンジしました。

Page Top