三方よしフードエコ
推奨店とは?

三方よし
フードエコ推奨店

フードエコ推奨店

滋賀県では、食品ロスを減らす県民運動「三方よし!!でフードエコ・プロジェクト」の一環として、食品ロス削減に取り組む飲食店、宿泊施設、食料品小売店を「三方よしフードエコ推奨店」として登録し、その取組を広く紹介しています。
食品ロスの削減に取り組まれている事業者、取組を予定している事業者の方々は、ぜひ当推奨店制度への参画をご検討ください。
県民の皆様も、推奨店の利用を通じて、外食時には「食べ残しを減らす」、買い物時には「必要以上に買い過ぎない」など、食品ロスの削減にご協力をお願いします。

三方よし!!で
フードエコ
プロジェクト

フードエコプロジェクト

滋賀県では、近江商人たちが昔から大切にしていた売り手よし・買い手よし・世間よしの「三方よし」の精神をもとに、事業者・団体・行政等が協力して食品ロスを減らす県民運動「三方よし!!でフードエコプロジェクト」に取り組んでいます。
ちょっとした心がけで、売り手よし!買い手よし!環境よし!と誰もが笑顔で「よし!!」となるプロジェクトに、ぜひ御協力ください。

よっしーくん

よっしーくん プロフィール

滋賀県生まれ。近江米100%の三角おにぎりの妖精。食品ロスを減らすために滋賀県内を日夜、奔走している。口癖は食べ物の無駄をなくしたときに発する掛け声、「よし!!」。

食品ロスについて
知ろう

フードエコプロジェクト

「食品ロス」とは、「食べられるのに廃棄される食品」のことです。日本では年間約2,550万トンの食品廃棄物が排出され、そのうち約612万トン(平成29年度推計)が食品ロスと言われています。食品ロスが全てお米であると仮定すると、国民一人当たり、お茶碗1杯分程度を、毎日食べずに捨てている計算になります。
食品には、消費者の手元に届くまでに肥料・飼料の製造、生産に要する労働力、加工・包装・運搬等のエネルギーが掛けられています。それにもかかわらず食べられる食品を廃棄することは、もったいないことであるとともに、環境負荷(CO2発生等)にもつながるため大きな課題となっています。

フードエコプロジェクト

例えば、次のようなものが食品ロスです。

  • 食べ残し 家庭や外食での食べ残し
  • 過剰除去 調理の際の野菜・果物の皮の厚剥きや肉の脂身の切り落とし等
  • 手つかず食品 購入後食べないまま期限切れ等で捨ててしまう食品

食品ロス削減により
期待される効果

食品ロス削減により期待される効果

出典:環境省資料「食品ロスを減らすために、私たちにできること」

食品ロス削減
レシピの紹介

食品ロス削減レシピ

余った食材や料理を捨てずに有効に使う工夫をすることで、食品ロスを減らしてみませんか。滋賀県ごみ減量・資源化情報サイト「ごみゼロしが」では、食品ロス削減レシピを紹介しています。

食品ロス削減
レシピの募集!

食品ロス削減レシピの募集

余った食材や料理を捨てずに有効に使う工夫、できるだけ調理くずを出さない工夫など、あなたが考える食品ロス削減につながる料理のレシピや工夫をお寄せください。投稿いただいたレシピは、ホームページ等で紹介します。

動画で学ぶ食品ロス

  • 「三方よしフードエコ推奨店」
    取組事例①
    【近江牛肉 肉のあさの総本家】

  • 「三方よしフードエコ推奨店」
    取組事例②
    【金沢でかねた寿司・ヤマキ醤油】

  • 「三方よしフードエコ推奨店」
    取組事例③
    【みっきーの Smile Island】

  • 「三方よしフードエコ推奨店」
    取組事例④
    【丸よし旅館】

滋賀県食品ロス削減
優良取組表彰

令和2年度表彰式の様子

食品ロス削減の県民運動「三方よし!!でフードエコ・プロジェクト」の一環として、令和2年度、「滋賀県食品ロス削減優良取組表彰」を創設しました。食品ロス削減に関する特に優れた取組を行っている県民や事業者、団体を表彰し、公表することで、食品ロス削減取組の重要性を広く周知し、一層の実践を促すことを目的としています。

Page Top