トップページ > 特集 > 3月の特集 政所茶 シガカフェ

ここで楽しむ!シガカフェ

くつろぎ茶・幸(さち)

住所:東近江市八日市町10-4
電話番号:0748-56-1068
営業時間:10時~18時(ランチ:11時30分~14時30分)
定休日:毎週月曜日、第2・第3火曜日
駐車場:5台
ブログ:http://cha-sachi0712.seesaa.net/

日本茶、紅茶、中国茶を取り扱うお茶専門のカフェ

近江鉄道「八日市」駅から徒歩約6分、西本願寺八日市教堂の南側に位置する「くつろぎ茶・幸」。2014年にオープンしたお茶専門の古民家カフェです。日本茶、紅茶、中国茶など常時約30種類以上のお茶を揃え、夏場は冷たいお茶(熱いものあります)を、冬場は急須で熱いお茶を楽しむことができます。
店主の前田美左恵さんは日本茶インストラクターの資格をもち、国内外のお茶を取り寄せて、自らでお茶を試飲して「これは!」と思うお茶をお店で出しています。試飲は茶葉の量を0.5g単位で微調整しながら飲み比べを重ね、美味しくいただける量を試行錯誤してベストな茶葉量で提供してくれます。年3回以上は新しい種類のお茶がメニューに加わるそうです。急須で出すお茶の場合は、1杯目はお店で淹れ、2杯目以降はお客さん自身でお茶を淹れてもらうシステム。2杯目の淹れ方については前田さんからアドバイスをもらえますが、「お客さんの好みで飲んでいただくのが一番」とのこと。

ほっこり落ち着く店内
ほっこり落ち着く店内。作家さんに作ってもらったテーブル&チェアが素朴な雰囲気。

店のトレードマーク「くつろぐゾウ」。
店のトレードマーク「くつろぐゾウ」。

お茶の販売コーナー。『政所茶』も!
お茶の販売コーナー。『政所茶』も!

『政所茶』が飲める希少なくつろぎの空間

メニューは、"お茶+おまかせお菓子(3種盛)のセット"が600円から。茶葉とお湯入りポットで提供してくれるので、2杯、3杯とお茶が飲めます。

日本茶のカテゴリーの中には『政所茶』の名前が! 「山の香りがするんですよね。爽やかな味で後から渋みが出てきますが、お茶好きの人はこの渋みも好まれます。押しがきく茶葉なので2杯目、3杯目も美味しくいただけますよ」と前田さん。ほんのり大人の渋みで、口の中が清涼感であふれます。おみやげ用の『政所茶』も売っているので、買って帰ることもできます。

他にも、お菓子優先で選ぶなら"お菓子とお茶のセット"(700円)もあり。お昼には、1日限定15食の"本日のスープランチ"(750円)、スープが半分の量で2種類味わえる"ハーフ&ハーフスープランチ"(860円)の2種類があり、これらにお茶を追加することもできます。

「お茶は、人の心を癒やし、会話を弾ませ、飲むと和みます。私も気づくまではお茶の本当の良さがわかりませんでした。素晴らしいお茶がいっぱいあるので、もっとお茶のことを知って欲しいですね。お茶を知るための第一歩に、この店がなれればと思っています」とやわらかな笑顔で話してくれた前田さんでした。

「お菓子とお茶のセット」
「お菓子とお茶のセット」
人気のほうじ茶プリンは水・金・日曜日各限定5食。

「ハーフ&ハーフスープランチ」
「ハーフ&ハーフスープランチ」
お茶は別料金で追加できます。

プロフィール

店主 前田 美左恵さん
千葉県生まれ。3歳の頃に滋賀県へ移住。空き家だった祖父の家をリフォームしお茶専門の古民家カフェをオープンさせる。ある日、京都のお茶カフェでお茶の美味しさに目覚め、2013年日本茶インストラクターの資格を取得し、1年後には店をスタート。地元だけではなく、全国のお茶や中国のお茶など、美味しいお茶を取り揃えるよう尽力している。

店主の前田さん
店主の前田さん。お客さんは8割が女性客。一人で、家族でとさまざま。

Page Top