トップページ > 特集 > 4月の特集 タテボシ貝 栄養士アドバイス

栄養士アドバイス

旨み成分たっぷり。不足しがちな亜鉛が摂れる食材です。

タテボシ貝

タテボシ貝は低脂肪低カロリーであり、尚かつ栄養が豊富に含まれています。
琵琶湖の栄養がぎっしり詰まったタテボシ貝には、良質なたんぱく質や鉄分、ビタミンB12が多く含まれるので、貧血の予防に良い食べ物です。
また亜鉛も多く含まれます。亜鉛が不足すると味を正常に感じることができなくなります。亜鉛は食品中には微量にしか含まれていないので、栄養が偏りがちな方には不足しやすい成分です。若年層にも味を感じにくくなっている人が増えているのが現状なので、不足することなく摂りたい栄養素です。

貝には、旨み成分であるアミノ酸の一種コハク酸が多く含まれます。
これがタテボシ貝のおいしさの素です。
様々な料理に利用しても、この旨み成分のおかげでおいしくいただけます。
タテボシ貝を使ったいろいろな料理に、是非チャレンジしてみてください。

公益社団法人 滋賀県栄養士会 監修

Page Top