トップページ > 特集 > 6月の特集 サクランボ 栄養士アドバイス

栄養士アドバイス

食べておいしい、身体にやさしい地元食材 ~サクランボ

食べておいしい、身体にやさしい地元食材 ~サクランボ

初夏を告げる果物で、可愛らしい形がイラストなどに用いられる事も多いサクランボ。
生のまま頂いたり、シロップ漬けにしてスイーツに彩りを添えたり、発酵蒸留して作るキルシュというお酒もあります。

サクランボにはビタミンCやカリウムが豊富に含まれ、これらの成分はお肌の調子を整えたりむくみを解消すると言われています。ビタミンCには疲労回復を助けてくれる働きがあり、抗酸化作用もあります。
またアメリカンチェリーの赤色はアントシアニンという成分に由来。アントシアニンは抗酸化作用があり、眼精疲労や視力回復への効果が期待されています。

梅雨でうっとうしい天気が続くと、体もだるくなったり疲れがたまりやすくなりがちです。
ビタミンCをたっぷり含んだ果物を食べる事で、元気に梅雨を乗り切りましょう。
またビタミンCは加熱する事で壊れやすいので、生で食べるのが一番です。
新鮮で色鮮やかな旬のサクランボは見た目にもきれいです。
我が家の食卓に是非取り入れてはいかがでしょう。

公益社団法人 滋賀県栄養士会 監修

Page Top