トップページ > 特集 > 9月の特集 みずかがみ デビュー

みずかがみデビュー

みずかがみ

滋賀県が生んだ、新しいお米「みずかがみ」

滋賀県が生んだ、新しいお米「みずかがみ」

平成25年秋、新しいお米のブランドがデビューします。その名は「みずかがみ」。
滋賀県が開発した新しいお米です。

これまでの調査結果では、「コシヒカリ」と同等以上の味で、おいしいお米として期待されています。

みずかがみは、温暖化対応品種として育成されました。高温に強く、猛暑の年でも品質が安定しています。
今年のように猛暑が続くと、お米の品質や味が悪くなります。現代のこうした環境の変化にも強いお米を、というニーズに対応して開発されたお米です。

また、琵琶湖をはじめとする滋賀の自然環境に配慮して栽培されています。統一パッケージで販売されるものは、すべて「環境こだわり農産物」の認証を受けています。
キャッチフレーズは「ゆたかな水にかがやく実り」 滋賀県産の新しいお米にふさわしいみずみずしい表現です。

近江米新品種「みずかがみ」によせる知事メッセージ

琵琶湖の環境が何より大切です

環境こだわり農作物マーク
このマークが目印!

環境こだわり農作物とは?
次の3つを守って作られた農産物を、滋賀県が認証したものが 「環境こだわり農産物」です。
● 農薬や化学肥料の使用量を通常の半分以下に減らして栽培。
● 琵琶湖や周辺の環境に優しい技術で栽培。
● いつ、どんな農薬や化学肥料を使用したか記録。

優れた食味、冷めてもおいしいお米

みずかがみは、炊きあがりが白く、光沢があります。ほどよい粘りで、かみしめるとまろやかな甘みがあり、とてもおいしいお米です。
また、冷めてもおいしく、おにぎりやお弁当などでもお米本来のおいしさをしっかりと味わっていただけます。 育ち盛りの子供たちにもどんどん食べていただきたい、より安全・安心なお米です。

統一パッケージは、ブルーを基調とした斬新なデザイン

パッケージ

デザインは、キャッチフレーズである「ゆたかな水に かがやく実り」をイメージしたものとなっています。「ゆたかな水」ということから青を基調とし、差し込む「光」が水鏡に映り、きらきらと輝く様を表しています。また、一つ一つの花の模様はお米の粒で出来ており、「かがやく実り」を表現しています。さらに幾つかを色づけることで、笑顔が飛び交う健やかで明るい食卓を象徴しています。
中央に大きく「みずかがみ」のロゴ。このロゴを中心として対称になっているのも「かがみ」のイメージです。

みずかがみは、滋賀県で開発されましたが、全国的なブランドとして発信していきます。日本の食文化に貢献する新しいお米のブランドを目指しています。

この秋からはじまる みずかがみ の展開にご期待ください。

【ポスター(A2サイズ):クリックすると大きな画像をご覧いただけます。】

ポスター

Page Top