トップページ > 特集 > 2月の特集 イサザ 料理長のアドバイス

料理長のアドバイス

いさざは、いつでも食べられる食材ではありません。それだけに、見かけたらぜひ、食べてみてください。

長浜市浜湖月 総料理長 辻井広明さん
長浜市浜湖月 総料理長 辻井広明さん

滋賀県近江八幡市の生まれです。滋賀県の地産地消の味わいを皆様にお届けしようと考えています。

いさざは、琵琶湖固有の魚です。滋賀県の人にはなじみの深い魚です。ここしばらく全く捕れなかったのですが、最近漁獲量が急に増えています。

丸ごと食べることが多い魚なので、いかに食べやすくするかがポイントですね。
油で揚げると魚のにおいも消えて食べやすくなります。
揚げる前に、オーブンなどで少し加熱すると水分も飛び揚げやすいです。
今回、柳川では頭を取って身を開きました。小さな魚なので手間がかかりますが、そうすれば骨が苦手な人にも食べやすくなります。

いさざ豆や、甘露煮などは食べやすく、風味も残っています。甘露煮は炊いてから冷凍すれば数日は持ちます。

とにかくいつでも手に入る食材ではありません。それだけに琵琶湖の味として一度は食べていただきたいと思います。
水揚げが多いときは、滋賀県内のスーパーの鮮魚コーナーなどにも出ることがあります。
見かけたらぜひ、食べてみてください。

いさざ

Page Top