トップページ > 特集 > 7月の特集 乳製品 料理長のアドバイス

料理長のアドバイス

中原明美さん

新鮮でおいしい牛乳から、おいしくて健康的な乳製品が生まれます!

古株牧場に併設されたショップ「湖華舞(こかぶ)」では、搾りたての牛乳をベースにした加工品を販売しています。また新鮮なスイーツなどを味わうこともできます。
中原明美さんは牧場代表の古株昇治さんの娘さん。「湖華舞」のジェラート担当です。スイーツ、ジェラートについて専門的に学んだジェラートマエストロ(※)です。
(※ジェラートマエストロ:正しい知識を持って、安全で安心な美味しいジェラートを提供することを目的に、一定の講習および試験をクリアし、日本ジェラート協会に認定された人のこと)

新鮮な牛乳がおいしさの決め手

「以前、牧場では生産調整のために、余った牛乳を処分していました。乳牛は利用しても利用しなくても搾乳しなければならないので、仕方が無かったのですが、捨てるのはしのびないということで、加工して販売することにしたのです。約10年前のことでした。今の言葉でいう6次産業化ですね。
手探りで始めましたが、今では遠くからお客様がいらっしゃるなど、好評をいただいています。
ジェラートをはじめとする乳製品の味や品質は、原材料に左右されます。やはり新鮮な牛乳を使っているかどうかが決め手ですね。素材次第ではただのスイーツとしてだけでなく、健康食材としても広がっていくと思っています。」

ジェラート

プリン

古株牧場の末娘の古株つや子さんはチーズの担当。

古株牧場の末娘の古株つや子さん

「チーズが大好きだったんです。国産のチーズは、コストがかかり歩留まりも悪いのであまり作られていません。でもどうしても作りたくて、独力で技術を学びました。
今、5種類のチーズを作っています。ベースは同じでウォッシュタイプや熟成タイプなど。熟成タイプは独特の深い味わいです。
好評をいただき、昨年、今年と日本航空のファーストクラスで販売していただきました。やりがいを感じます。
これからも、技術を磨いて、うちの牧場で採れた牛乳を美味しいチーズにしていきたいですね。」

独力で技術を学び、好評をいただいています

Page Top