トップページ > 特集 > 10月の特集 大根 栄養士アドバイス

栄養士アドバイス

泰山寺大根は、きめが細かくて、栄養価も高い大根です!

泰山寺大根

泰山寺大根の根の部分は身が詰まってきめが細かいので、生で食べても歯ごたえがよく、煮て食べても味が良く浸み込むので美味しく食べられます。

根の部分は、葉に近い青首の部分が最もビタミンCが多く含まれます。ビタミンCは熱に弱いので、生でサラダやなますとして食べると効率よく栄養が摂れます。
真ん中は甘味が多いので、煮物にすると美味しくいただけます。ふろふき大根やおでんなどにすると、これからの季節は体が温まりますね。
先端の細い部分は、辛みが強いので大根おろしにして薬味に利用するのもいいでしょう。この辛み成分は胃液の分泌を促し、消化を助けてくれます。
また、根全体にジアスターゼという消化酵素が含まれ、食物繊維も多いので胃腸の働きを良くしてくれます。

葉の部分も、ビタミンA,C、カルシウムなど栄養豊富なので、炒め物やみそ汁の具などにして無駄なく利用しましょう。

公益社団法人 滋賀県栄養士会 監修

Page Top