トップページ > 特集 > 11月の特集 ブロッコリー 栄養士アドバイス

栄養士アドバイス

ブロッコリー

ブロッコリーは今からが旬!色と栄養素を損なわないように料理しましょう

ブロッコリーは、冬から初春にかけてが旬で甘味が増し美味しく食べられます。
また、風邪予防になる栄養成分が多いので、これからの季節にぴったりです。ビタミンAやC、B1が多く含まれるので、鼻や喉の粘膜を強くしたり、細菌の感染を予防してくれます。

ブロッコリーは少量の塩で茹でて利用することが多いですが、茹ですぎるとせっかくの栄養成分が茹で汁に溶け出し色も悪くなります。茹ですぎには注意しましょう。また、茹でた後は水にさらすと栄養だけでなく味も香りも損なうので、ざるにあけて冷ましましょう。または少量の水と一緒にレンジで加熱するのも良いでしょう。

色鮮やかな緑色はβ-カロテンによるもので、このきれいな色を活かして様々な料理に利用しましょう。β-カロテンは油と一緒に摂ると体内でビタミンAに替わり吸収されます。
おかか和えなど和風にしても美味しいですが、上手に油を使って中華、洋食に幅広く利用してみましょう。
炒め物にしたり、ドレッシングをかけてサラダに、牛乳やチーズと合わせてシチュー、グラタンなどいかがでしょう。

公益社団法人 滋賀県栄養士会  監修

Page Top