トップページ > 産地レポート > バラ

バラ

<バラ> ~訪ねた人:杉本ばら園 杉本さん~

バラの花言葉は『愛』や『愛情』。贈った人に喜びを!!

丹精込めて育てたバラを手にする杉本さん。

「三位一体」1本でも絵になる高品質のバラづくり!

1700坪の敷地に約30品種のバラを栽培されている、竜王町の「杉本ばら園」。
室温は25度、湿度は60%超のハウスに入った途端、目に飛び込んできたのは、
2mを越えるほどに茂ったバラの枝葉。

いきいきとしたバラの葉が茂っているハウス内。

      

「ハイラック方式という栽培方法で、これで育てているのは全国のバラ農家の中でも1割ぐらい。」
バラの木々の間に立つ杉本正樹さんが、葉の様子を見ながら教えてくださいます。
なんでも、葉をよく観察することで、適度な管理ができているかどうかがわかるのだとか!

      

「気候には敏感に反応しますよ。
  近隣ですと守山市でもバラ栽培をされていますが、竜王町と守山市では緯度が少し違うので、
  日照時間が少し違って育ち方も違うんです。」

      

杉本さんは「温度計よりも体感重視!」
微妙な気候の変化をとらえ、ハウス内の環境調整や肥料の調整をこまめに行います。

(左)環境管理が肝心。温度計はぴったり25度。
(右)杉本正樹さん。杉本ばら園を継いで13年目。

      

出荷のための"採花"は朝。
「ガクが開ききって、花びらも膨らんだくらいのものを選ぶ。採花の方法も365日違います。」
採花後、時間の経過とともに少しづつ花びらが開いていくのですが、
採花のタイミングが早すぎると咲ききらないのだそう。
気候や状態を見計らって、花にとって最も負担にならないよう採花されています。

(左)この白いつぼみは、まだ採花時期ではないのだとか。
(右)このぐらい開いてきたら、もうじき採花。

      

杉本さんの目指すバラは「三位一体」!
「花、葉、茎のバランスがとれていて、1本で美しさがある花」

      

それは、お隣の京都とのつながりから生まれたスタイルなのだそう。
「バラは『洋花』で花束のアレンジが中心ですが、京都は生け花の『和花』の世界」
そこでは1本が醸しだす美しさが活きてくるのだとか。
1本1本、存在感あるバラを栽培できる「ハイラック方式」での栽培には、そんな追求が背景にあります。


大輪のイングリッシュローズ

      

杉本ばら園のバラは、「日本バラ切花品評会」にて幾度も入賞。
最優秀賞である内閣総理大臣賞受賞にも輝き、皇室への献上回数は通算4回。
日本でも最多の回数を誇るのだとか。

      

栽培技術の高さから、イングリッシュローズの切り花栽培のライセンスを認められました。
なんと国内での認可者は2名のみ!

      

「花びらの数は普通のバラの3倍。満開になると鞠のような形になります。
  でも、開きすぎてしまうと花びらに傷が付きやすいんです」
と、そんな希少なバラを見せていただきました!

「一輪でも存在感があるでしょう」と杉本さん。
確かに思わず見とれる存在感、見ているだけでも幸せな気分。

(左)切り花栽培者は国内に2名というイングリッシュローズ。
(右)葉の美しさもまた、大輪の花を引き立てている。

日本の環境は梅雨時の湿度上昇、冬場の乾燥など、バラ栽培には不向き。
世界に約4万5000種あるバラの中でも、国内で栽培できるのはわずか4~5000種なんだとか。
「このイングリッシュローズも湿気に弱く、栽培にはより神経を使います。」


男性よ花束を抱け!?贈った人に喜びを与えるバラの花

「日本では日常的に花を買う人は少ないでしょう?特に男性はほとんど買いませんよね」と杉本さん。

今、力を込めたいのは、もっと多くの人にバラがある生活を楽しんでもらえること。

「世界ではバレンタインには男性が女性に花を贈る。
  日本でも"フラワー・バレンタイン"としてPRしています。
  花を贈ると、やっぱり喜ばれるでしょう。」

そういう杉本さん、自らも実践。さらにプロポーズにもバラの花を贈られたとか。

「花を見ることで癒し効果もあると言われている。もらう喜びもあるでしょう。
  もっと気軽に暮らしの中に取り入れてもらいたい。」

色とりどりのバラは日々の暮らしに彩りをくれる。

「バラの花言葉は『愛』や『愛情』。色によっても意味合いがある。
  男性には特に、いろんな贈りものの機会に、色でイメージを変えて贈ってもらいたい。
  花束のイメージの相談や、渡し方の相談にも乗ったりしていますよ。」

日常のささやかなエッセンスに、特別な贈りものに、美しいバラの花を添えてみてはいかが?

(取材日:2013年3月15日)

Page Top