トップページ > 食材紹介 > 鮎河菜(あいがな)

食材紹介

鮎河菜(あいがな)

茎が甘く、やわらかくておいしい
山あいの集落に残る貴重な伝統野菜

  • 鮎河菜
  • 鮎河菜
  • 鮎河菜のおひたし

「鮎河菜」は、甲賀市土山町鮎河集落だけで栽培されている滋賀県の伝統野菜で、その栽培の歴史は古く、平安時代にまでさかのぼると言われています。姿形は菜の花のようですが、蕾、茎、葉のすべての部分が食べることができ、中でも茎の部分はブロッコリーのように甘くやわらかい野菜です。

おひたしや油炒め、天ぷらなどにしてもおいしくいただけますが、地元では塩漬けにしてよく食べられています。3月中旬から4月上旬にJA甲賀の直売所花野果市、「道の駅」あいの土山で販売されています。

収穫時期 3月中旬~4月上旬

これまでの「鮎河菜」の特集

Page Top