トップページ > 食材紹介 > セタシジミ

食材紹介

セタシジミ

琵琶湖特産のセタシジミ
冬季に増す、ふっくらコクのある味わい

セタシジミは琵琶湖だけに生息する固有種で、琵琶湖の浅瀬から水深10数mにかけて生息しています。汽水域に棲むヤマトシジミなどに比べ、殻が厚く、身にコクがあり、「寒シジミ」と呼ばれる冬季には、身が肥え、最もおいしくなります。

昭和40年頃まで、琵琶湖には多くのセタシジミが生息しており、暮らしの中でも、セタシジミの味噌汁、しぐれ煮、シジミ飯が日常的に食べられ、庶民の味として親しまれていました。

現在、セタシジミは貴重なものとなっていますが、漁獲時期である12月~4月には、県内の小売店やスーパーで見かけることができます。

主な漁獲の時期 12月~4月
旬の時期 1月~4月
お問い合わせ 滋賀県漁業協同組合連合会(電話:077-524-2418)

これまでの「セタシジミ」の特集

Page Top