トップページ > 御菓子司 膳所 亀屋廣房

御菓子司 膳所 亀屋廣房

滋賀県大津市本丸町3−7
電話:077-522-3927
http://www.e510.jp/kame1623/
201701kameyakoubou.JPG

平成29年3月の「おいしが うれしが」の取組

「懐中しるこ 烏帽子(えぼし)」
201703kameyakai1.jpg 201703kameyakais.jpg
源義経が竜王の鏡の里で元服したという謡曲「烏帽子折」にちなんだ懐中しるこです。
折りたたむ種は近江羽二重餅100パーセントの物で職人の技術が必要とされる物です。
本家京菓子司「亀末廣」伝来の懐中しるこです。

本来は夏の物であった「懐中しるこ」です(暑いときに熱い物を頂く、冷房で冷えた体にあう等)
最近は寒い時期も含めて年中ご利用頂いております。


(掲載日:平成29年3月1日)

平成29年2月の「おいしが うれしが」の取組

今回は近江羽二重餅粉を使った「うぐいす餅」

201702kameya.jpg

2月頃のご趣向の茶席菓子です(要予約)
丹波大納言を包んだお餅に四万十の青のりをのせております。
近江茶のほうじ茶ともぴったりです。

(掲載日:平成29年2月1日)

平成29年1月の「おいしが うれしが」の取組

今月は粟津が原の合戦で討ち死にした木曽義仲の乳兄弟でもある、今井兼平にちなんだ「兼平餅」を紹介致します。
201701kanehira1.JPG 201701kanehira2.jpg
石山駅の裏に兼平のお墓があり、東海道をあるく方がお参りにいき、寄って下さいます。
201701kanehira3.jpg
1月21日は兼平の命日でもあり、毎年たくさんの子孫の方が来られて法要が行われます。いつも兼平餅をお供えなさいます。
兼平餅は江戸時代の史実にもとづいて近江の羽二重餅100%で作っています。
材料にこだわり添加物や保存剤は一切使わず安心してお召しがり頂けるよう調整いたしております。
一月は特にお参りが増える時期です。ご予約頂ければありがたいです。

(掲載日:平成28年12月28日)

平成28年12月の「おいしが うれしが」の取組

近江茶土山の抹茶を使用して羊羹を作りました。
11月24日より販売しております。
ぜひご賞味くださいませ。
201612kame2.JPG 201612kame1.jpg

(掲載日:平成28年12月1日)
  • 1

Page Top