トップページ > 御菓子司 膳所 亀屋廣房

御菓子司 膳所 亀屋廣房

滋賀県大津市本丸町3−7
電話:077-522-3927
http://www.e510.jp/kame1623/
201701kameyakoubou.JPG

平成29年12月の「おいしが うれしが」の取組

「膳所城六萬石もなか」が近江の羽二重餅100%のもなか種になりました。
今までは佐賀県産の物でしたが今月から滋賀県産に変更となります。

こしあん(北海道産大納言小豆)・ゆずあん(北海道産てぼ豆、愛媛県産ゆず)の2種類です
本多さんの家紋立葵の最中になっております。
又、年末年始のはなびら餅も近江羽二重餅100%となっております。(要予約)

kameya1.jpg

kameya2.jpg


(掲載日:平成29年12月7日)

平成29年10、11月の「おいしが うれしが」の取組

10月、11月は東海道を歩かれる方が増えてきますので、
店内で御菓子をお召し上がりの際には近江茶のほうじ茶をお出し致します。
お勧めは『にほの菊』
高島の楽農舎さんの安曇の恵み(平飼い有精卵)をたっぷり使った焼菓子です。
ぜひご賞味くださいませ。

kameya2.jpg

kameya.jpg


(掲載日:平成29年11月1日)

平成29年9月の「おいしが うれしが」の取組

近江茶土山の抹茶を使用して羊羹を作りました。
9月1日より販売しております。
ぜひご賞味くださいませ。
201612kame2.JPG 201612kame1.jpg

(掲載日:平成29年9月1日)

平成29年8月の「おいしが うれしが」の取組

◆「湖国銘菓 若あゆ」

kameya2.jpgkameya.jpg

 夏の暑い季節にぴったり。
先月に続いて若あゆがおすすめです。
こちらの商品は通年ではなく、8月中で終わりますので、よろしくお願いします。
近江羽二重餅を使った若あゆです。
お盆の帰省やお茶菓子にもおすすめです。
よろしくお願い申しあげます。

(掲載日:平成29年8月1日)

平成29年7月の「おいしが うれしが」の取組

◆「湖国銘菓 若あゆ」
kameya2.jpgkameya.jpg
毎年この時期に作っている湖国銘菓「若あゆ」。
薄種に梅肉入の近江羽二重餅を挟んで仕上げました。
さわやかな甘さが好評の逸品です。

冷たいお飲み物だけでなく、おいしいお茶や紅茶にもよく合います。

(掲載日:平成29年7月1日)

平成29年6月の「おいしが うれしが」の取組

◆「ふやき煎餅近江八景」

201706kameya2.jpg201706kameya1.jpg

このたび「ふやき煎餅近江八景」をリニューアル致しました。
近江羽二重餅米100%使用のお煎餅です。
赤味噌と白味噌をブレンドしたものです。
味噌の風味とお餅の風味がとてもおいしいふやき煎餅となっております。
又裏面と小判型の下に琵琶湖をイメージした琵琶湖ブルーのさざ波をお砂糖がけしています。
お色も安心のくちなし色素で着色しています。
小さいお子様からお年寄りまで安心して召し上がっていただけます。
包装紙に琵琶湖と周りの近江八景の8つの景色を書かせていただきました。
いにしえの琵琶湖の景色を思い浮かべてお召し上がりください。

(掲載日:平成29年6月1日)

平成29年5月の「おいしが うれしが」の取組

◆「茶三盆」
201705kameya2.jpg

お茶のさっぱりした甘さが好評です
近江土山抹茶を使った干菓子「茶三盆」
三井の晩鐘をイメージしております

(掲載日:平成29年5月1日)

平成29年4月の「おいしが うれしが」の取組

◆「あけぼの」
201704kameya2.jpg
「春はあけぼの」をいう枕草子から菓銘ができたお菓子です。
北海道産のてぼ豆の白あんに、高島産の平飼い卵(楽農舎さん)をふんだんに使った生菓子です。

◆「草餅」
201704kameya1.jpg
近江の羽二重餅粉を使った「草餅」です。
国産よもぎと丹波黒豆きなこの香りが春を感じさせてくれます。
気取らずにお番茶やコーヒーでもおいしく召し上がれます。

(掲載日:平成29年4月1日)

平成29年3月の「おいしが うれしが」の取組

「懐中しるこ 烏帽子(えぼし)」
201703kameyakai1.jpg 201703kameyakais.jpg
源義経が竜王の鏡の里で元服したという謡曲「烏帽子折」にちなんだ懐中しるこです。
折りたたむ種は近江羽二重餅100パーセントの物で職人の技術が必要とされる物です。
本家京菓子司「亀末廣」伝来の懐中しるこです。

本来は夏の物であった「懐中しるこ」です(暑いときに熱い物を頂く、冷房で冷えた体にあう等)
最近は寒い時期も含めて年中ご利用頂いております。


(掲載日:平成29年3月1日)

Page Top