トップページ > 特集 > 5月の特集 近江の茶 産地レポート1

産地レポート1 近江の茶

近江茶

黒田園の黒田為三(ためかず)さん家族みんなの手で慈しまれている近江の茶、朝宮茶

この期間だけの一番茶の収穫

朝7時、滋賀県甲賀市信楽町朝宮では、大きな布袋と機械を積み込んだトラックが、細い山道を登って行きます。
何度もアップダウンを繰り返し、最後は急こう配の坂を登り切って、小高い丘の上に着きました。
あたりは緑のじゅうたんを敷き詰めたようなまばゆいばかりの緑。

茶ばたけ

「お茶の栽培に適しているのは、南東の斜面です。日照時間が長いんです。ここは理想的ですね。」
黒田園の黒田為三(ためかず)さんは、笑顔で話します。
「祖父の代から50年以上かけて、お茶に適した肥料を入れ、土壌改良をするなど、茶畑を育ててきました。」
よく見ると、深い緑の葉の上(茶株面)から、みずみずしい若葉が出ています。
この茶畑では5月12日から約2週間、一番茶の収穫が行われます。

みずみずしい若葉

畑では、背負い式の動力噴霧器が唸りを上げています。
「茶葉に着いた水滴を吹き飛ばしているんです。水滴がついていると、葉を蒸した時に斑蒸し(むらむし)になってしまいます。」
そして、刈取りが始まりました。

バリカンの後ろに大きな袋が付いています

バリカンの後ろに大きな袋が付いています。この機械を二人がかりで茶畑の畝(うね)の上に当てて、刈っていきます。袋には空気とともに茶葉が入っていきます。
「簡単な作業のように見えるかもしれませんが、刃を当てる角度で収量が大きく違ってきます。また品質も変わります。機械を操作する二人の息も合わないといけないし、難しいんですよ。」
丁寧に刈り取った後の畝は濃い緑色が顔を出します。刈り取った後の濃い緑と刈取り前の若緑。鮮やかなコントラストができます。

機械を操作する二人の息も合わないといけない

「うちは家族総出で刈取りします。家内と長男、次男と次男の嫁さん、娘とその彼氏。家族だから息が合うんですね。」

家族が力を合わせて銘茶を作る

予定の刈取りが終わると、丘の上で朝ごはん。何とも言えないさわやかな風が吹いています。

予定の刈取りが終わると、丘の上で朝ごはん

「一番茶はこの時期しか採れません。高級な煎茶として出荷されます。茶葉の価格は天候や景気に左右されるのですが、この朝宮のお茶は、値が下がりません。香り、味の良さが認められているんですね。」
黒田さんは誇らしげに話します。
煎茶の高級ブランド近江の茶、朝宮茶は、家族みんなの丹精で作られているのです。

黒田さん一家

茶

ツバキ科ツバキ属の常緑樹。
原産地は中国とされる。日本では3m程度にまで生長するが、一般には1m前後の低木に仕立てて栽培している。
日本には、平安時代初期に最澄(伝教大師)が、唐より茶の実を持ち帰り、比叡山麓の大津市坂本にまいたのが始まりとされている。現在も「日吉茶園」として大切に保護されている。

滋賀県は最澄以来、お茶との関わりが深く、最大の栽培面積と生産量を誇る土山茶(甲賀市土山町)、日本の五大銘茶に数えられる朝宮茶(甲賀市信楽町)、「宇治は茶所、茶は政所」と謳われた政所茶(東近江市政所地区)などが知られている。

取材地(信楽町)の観光施設

  • 紫香楽宮跡
    紫香楽宮跡

    信楽高原鐵道の紫香楽宮跡駅から北西へ約lkm、松林に覆われた丘陵地に残る、国指定の史跡です。 紫香楽宮跡は、奈良時代の天平14年(742)、現在の京都府木津川市(きづがわし)に恭仁宮(くにのみや)を造営中であった聖武(しょうむ)天皇が...

    詳しくはコチラ

  • 滋賀県立陶芸の森
    滋賀県立陶芸の森

    信楽町勅旨(ちょくし)と長野地区にまたがる約40haの丘陵地帯にあります。信楽は、遠く聖武(しょうむ)天皇の紫香楽宮(しがらきのみや)造営における瓦づくりを起源とするわが国有数の古窯の一つで、世界的にも有名な信楽焼(しがらきやき)を中心に...

    詳しくはコチラ

  • 信楽伝統産業会館
    信楽伝統産業会館

    信楽町役場から北西に歩いたところに茶色の外観をした建物があります。会館の外壁ばかりでなく、内装の壁、面床に至るまで信楽焼の特製タイルがあしらわれています。遠く天平時代の焼物から近世のものまで年代別に信楽焼が集められ、展示され、一日で信楽焼の歴史がわかるほか、常時現代作品の展示を催しています。

    詳しくはコチラ

Page Top