トップページ > 特集 > 3月の特集 菜花 産地レポート

産地レポート なばな

なばな

滋賀県守山市でなばなを生産する林浩太郎さん
サラダでもおいしくいただける、みずみずしいなばなを作っています。

「野菜」としてのなばなのおいしさを味わってほしい

「まずは、なばなをそのまま食べてみてください」
滋賀県守山市でなばなを生産する「なばなおうみの会」の林浩太郎さんは、畑から摘み取ったなばなを手渡してこう言いました。

採れたてのなばなは軸もおいしい

「しゃきっ」とみずみずしい繊維が断ち切られる食感がして、口の中にほのかな甘みが広がります。そしてなばな特有の苦みやえぐみはほとんどありません。
「そうなんです。採れたてのなばなは、花だけでなく軸もおいしいんです。私はこのおいしさを子どもたちに食べてもらいたいんです」

なばなの収穫

なばなは、稲刈りが終わった田んぼで栽培し、11月初めから収穫します。
なばなには早生、中生、中晩生、晩生と収穫時期の違う品種があるので、4月いっぱいまで収穫が可能です。

「試行錯誤をして、土地に合う品種を厳選しています。有機質肥料を使うなど、土にもこだわっています」

土にもこだわっています

直売所で販売

林さんは6年前、サラリーマンをやめて農業生産者になりました。
「定年前でしたが、しっかり農業をするつもりでやめました。米作りのかたわらに作るのは、このあたりでは春菊が多いのですが、私はなばなを選びました。1年目で1畝、2年目で2畝、3年目で7畝と少しずつ栽培面積を広げました。
おうみんち(JAおうみ冨士)"』さんが、声をかけてくださり直売所で販売させていただいているうちに、すこしずつ知られるようになりました」

『なばなおうみの会』のメンバーは現在5人

「やっぱり、売っていくためにはしっかりとしたブランドを作っていかないとダメだと思います。そこで『なばなおうみの会』を作りました。現在、メンバーは5人。オリジナルのパッケージも作りました。また、農業にやりがいを感じてくれる若い後継者もできました。
私たちは、サラダでも食べてもらえるみずみずしいなばなを、これからもどんどんお届けしていきます」

これこからもどんどんお届けします。

取材地(守山市)の観光施設

  • 第1なぎさ公園
    第1なぎさ公園(守山市)

    2月中旬、滋賀県守山市今浜町の第1なぎさ公園では、観賞用に栽培されている菜の花が見ごろになります。滋賀県の早春を彩る風物詩です。

    詳しくはコチラ

  • 第2なぎさ公園
    第2なぎさ公園

    市の北西にある、琶湖大橋東詰に近い帯状の公園です。湖岸道路を北側へ行くと琵琶湖に面しており、遠浅の水泳場があることで知られています。 この水泳場は、琵琶湖東側で京阪神にもっとも近いということもあ・・・

    詳しくはコチラ

  • JAおうみ冨士 ファーマーズ・マーケット おうみんち
    JAおうみ冨士 ファーマーズ・マーケット おうみんち

    地元農家が丹精込めて作った"安全・安心・新鮮"な農産物や加工品を販売している県内最大級のファーマーズマーケットです。 地域食材バイキング(受付は13:40まで)やジェラートコーナーも併設しています。

    詳しくはコチラ

  • 中山道街道文化交流館
    中山道街道文化交流館

    町家でほっこりのんびりと。守山宿をはじめ、街道や宿場のすがたをさまざまな視点から、わかりやすい情報としてお 届けしています。江戸時代から続く街道筋の町家で、展示や喫茶コーナーなどがあり、旅人や市民の・・・

    詳しくはコチラ

  • 諏訪屋敷
    諏訪屋敷

    足利氏の家臣である諏訪氏の子孫が、応仁の乱以降ここに土着し、江戸時代から庄屋として残されている歴史の古い建造物です。母屋、客殿、茶室など歴史の古い建造物で、市指定文化財。

    詳しくはコチラ

Page Top