トップページ > 特集 > 9月の特集 いちじく 産地レポート

産地レポート

いちじく

松村勉さん
いちじくは手間のかかる果物ですが、じっくりと栽培していきたいですね

汗が噴き出すビニールハウスで大きくなるいちじく

取材をしたのは、8月。曇り空ながらじわっと汗ばむ陽気。ビニールハウスの中は、サウナ風呂のよう。
「でも、あまりにも室温が高いと、葉や茎がしなびてきます。温度管理も大切なんです」
生産者の松村勉さんは話します。
「いちじくは環境変化に敏感です。病気にもかかりますし、ダニなどの虫害もあります。こまめな手入れが欠かせません」

いちじくのビニールハウス

丸々とした実は、生産者の丹精から

いちじくの樹は民家の庭などでも見かけますが、松村さんが栽培するいちじくの樹は、形がずいぶん違います。 まるで人が手をいっぱいに広げている様に、太い枝が左右に広がり、そこから細い枝が垂直に伸びています。その枝に葉が付き、葉の根元にいちじくの実が実っています。

いちじく

「一文字整枝栽培と言います。この栽培法ができてから、いちじくの栽培、収穫が非常に楽になりました。
いちじくは1枚の葉に1つずつ実をつけ、下の方の実から熟してきます。下から上へ収穫していくんです。7月から10月にかけて、一つの枝を徐々に上がっていきます。」

一文字整枝栽培

いちじくは手間のかかる果物です。冬の間の剪定から始まって、2月には肥料を施します。4月に芽が吹くと、必要以上に出た芽をかきとります。5月に幼い果実ができて、7月からは収穫が始まります。
滋賀県が定めた「環境こだわり農産物」でもあるので、肥料や農薬は最低限にとどめます。病害虫対策もこまめにしなければなりません。
松村さんのいちじく園は、果樹の専門家が「こんなきれいないちじく園は見たことがない」というほど手入れが行き届いています。

いちじく

おいしいいちじくは、ビワ型で100gくらい。ふっくらして形がきれいなものが良いそうです。

楽しみながら、おいしいいちじくを育てていく

いちじくのビニールハウス

「会社を退職してから栽培を初めて6年目、当初は2.5アールくらいでしたが、今は13アール。樹は2年目から実を付けるようになりましたが、4年目くらいからおいしい実が成るようになりました。
栗東いちじく生産組合でいちじく栽培が始まって22年目になります。生産者は17人。みんな品質にこだわって作っています。」

市場のほか、生協、直売所にも出荷しています

「今は市場のほか、生協、直売所にも出荷しています。お陰様で好評をいただき、リピーターになる方も出てきました。いちじくは手間のかかる果物ですが、楽しみながら、根気よく栽培していきたいと思います。」

主な出荷先

松村さんといちじく

いちじく

いちじく(無花果、映日果)は、クワ科イチジク属の落葉高木の植物。
「無花果」と言う名前は花を付けないのに身がなるように見えるところからきているが、実際は実(花嚢)の内側にある無数の粒粒が花である。

アダムとイブが体に付けた葉は、いちじくであると言われるように6千年以上前から栽培されていた。
日本にも江戸時代初期に伝わり、果樹として、また庭木として広く栽培された。
生食用としてだけでなく、ジャムやコンポートなどの加工品、さらに漢方薬の原料としても広く使われている。
滋賀県では栗東市の他、東近江市、高島市などで栽培されている。

Page Top