トップページ > 特集 > 5月の特集 アスパラガス(彦根) シガカフェ

ここで楽しむ!シガカフェ

「dining&bar SLOW」のシェフにはお鍋1つでできる"茹でる"アスパラ料理を2品。「あすぱらだいす」のカフェスタッフの方には簡単に作れるアスパラドッグを教えていただきました。

dining&bar SLOW

dining&bar SLOW  www.slow-db.com
〒522-0043 彦根市小泉町34-11
TEL/0749-23-4600

アスパラの甘みを引き出す"茹(ゆ)でる"調理法の料理を2品。

イタリア料理を中心にグリル料理なども提供するダイニングレストラン。国内外で中国、日本、イタリア、フランスの料理を学んだ松井シェフが作る地元や旬の食材を使った料理は県内外でも人気です。今回は、アスパラの苦みを消して甘みを引き出したプロの味をご家庭でも簡単に作れるようアレンジしていただきました。

松井 宏友シェフ
1977年滋賀県生まれ。県内の中国料理店、日本料理店で修業後、海産物に興味を持ち渡豪。2005年シドニー「lobster cave」でイタリア、フランス料理を学ぶ。帰国後、フランス料理「ラ・ピラミッド」で働いたのち2009年「dining&bar SLOW」でシェフに就任。

松井 宏友シェフ
松井 宏友シェフ

あすぱらだいす しんがい

あすぱらだいす しんがい  https://www.as-paradise.net/
〒521-1135 彦根市新海町2191番地
TEL/0749-43-6611

イベント用に考案!子供と一緒に作れるアスパラドッグ

周辺農家さんの「野菜を販売するところがない」の声に応えて平成25年にオープンした民間の農産作物販売所&カフェ。ここ新海周辺は50年ほど前、ホワイトアスパラガスの一大産地で、将来、産地が復活することを願って、地元のアスパラガスを販売。イベント時にはアスパラガスのオリジナルメニューを提供し、お客様から好評を得ています。

左から、アスパラドッグを考えた磯部さん、支配人の長束さん、青木さん。
左から、アスパラドッグを考えた磯部さん、支配人の長束さん、青木さん。

アスパラを使ったレシピはこちら

Page Top