トップページ > 産地レポート > 坊ちゃんかぼちゃ

坊ちゃんかぼちゃ

<坊ちゃんかぼちゃ> ~訪ねた人:豊郷特産物振興協議会会長 西山さん~

甘くて濃厚。手のひらサイズの坊ちゃんかぼちゃ。

豊郷名物の坊ちゃんかぼちゃを両手に、にっこりの西山さん。

豊郷町名物、手のひらサイズの「坊ちゃんかぼちゃ」

「今年は長雨でねぇ、大変やったなぁ」
そう言われるのは、豊郷特産物振興協議会 会長を務める西山源司さん。

「かぼちゃ部会」を立ち上げて10年。
豊郷町の特産品「坊ちゃんかぼちゃ」づくりに取組んでおられます。

坊ちゃんかぼちゃは、手のひらサイズの小さいかぼちゃ。
皮は濃い緑色で、果肉は鮮やかなオレンジ色をしています。

出荷が始まるのは7月末頃で、9月末頃までがシーズンなのだそう。
ちょうどお盆の頃には、その小ささもあってお供え物のセットにも重宝され、
スーパーマーケットなどで広く販売されています。

手のひらサイズで筋状のくぼみがあるのが特徴

      

「ツルものは雨に弱くて、よく雨が降ったら根っこがやられてしまう」と西山さん。
この年の天候には苦戦されたそうです。

      

生産は20名ほどの部会員で行われています。
豊郷町内の3つの集落で女性グループを作るなどし、
今は全体で100アールを越える面積で作付けされていると言います。

      

豊郷町の名物となるよう"少しずつの面積でも、多くの人に作ってもらいたい"との想いから、
小さな畑を持つ人にも参加してもらい、多くの人に関わってもらうことを大切にされています。


こだわりの作り方

栽培は、農薬や化学肥料を半分以下にする「環境こだわり農業」に取組まれています。
大変ではないのでしょうか?

「ほとんど農薬は使わないよ、虫はつまんで退治するし。
何よりも基本は土づくり!土が一番大事!そしたら病気にも強い野菜に育つ」

「冬には堆肥を入れて何度も耕すよ」と土づくりの話には特に力が入ります。

また、見栄えのきれいな緑色のかぼちゃに育つよう心配りも。
一つ一つの実の下にプラスチック製のお皿を敷いて、土に触れないよう栽培されています。
1本の株から10~15個採れると言いますから、ずいぶん根気がいる作業です。

(左)濃い緑色のぼちゃんかぼちゃ、磨いてやるとツヤが出て美しい。
(右)西山さんの倉庫には大小さまざまな坊ちゃんかぼちゃが。

      

部会では、栽培の時期や、育て方について情報交換をし、毎年反省会を行っておられます。

目下の研究テーマは、
「どうしたらちょうどいい大きさ"手のひらサイズ"の坊ちゃんかぼちゃができるのか?」。

      

肥料加減や、広く植えたらいいのか、細く植えるのがいいのかなど
もっとも重宝されるサイズに仕上げる栽培方法を追求中です。


濃厚な味わいを楽しめる、お菓子やお惣菜メニューもいろいろ登場!

この坊ちゃんかぼちゃ、食べ方はなんとも簡単。

「丸ごとをラップで包んでレンジで5~6分チン♪とするんや。
  それか、丸ごとで蒸して、そのまま冷蔵庫へ入れておく。
  食べる時に切って食べたらいい。」

西山さんのご家庭でもそうやって食べられるのだそうです。

火が通ると、栗のようにホクホク、きめが細かくて甘みが強い、濃厚な味わいです。

また、中身をくり抜き器代わりに、グラタンや肉詰めなど、
丸ごと1個の坊ちゃんかぼちゃが楽しめるメニューも生まれたのだそう。

「丸ごと使ってもらえるためにも、あんまり大きすぎるとあかんやろ?」と西山さん。
いろんなメニューが生まれたことで、生産にも気合いがこもっているようでした。

坊ちゃんかぼちゃを活かした加工品づくりも始まっています。
なんでも、かぼちゃの濃厚な味わいがそのまま楽しめるのだとか。

(左)いきがい協働センターでの加工作業。カット・種取り・皮むき作業を手分けしてこなす。
(右)果肉だけになった坊ちゃんかぼちゃは鮮やかな発色。

果肉の色そのままのプリンや、パウンドケーキは秀逸。
特にケーキは期間限定の予約販売で人気を集めています。

(左)蒸してペースト状にした坊ちゃんかぼちゃ。お菓子などの素材として冷凍保存。
(右)本格発売前のプリン こちらも色鮮やか。

美味しく丸ごとで、評判のお菓子で、豊郷町名物坊ちゃんかぼちゃをお試しください。

(取材日:2012年9月18日)

Page Top