トップページ > キャンペーンQ&A

おいしが・うれしが

キャンペーンQ&A

Q1.ロゴマークを当社のホームページに掲載してよいですか?
はい。
ただし、キャンペーンの趣旨も併せて掲載してください。
Q2.ロゴマークを名刺に印刷していいですか?
いいえ。
誤解を生じるおそれがあるため、控えてください。
Q3.ロゴマークを使用できる加工食品の基準はありますか?
次の条件をクリアすれば、対象食品としていただいて構いません。
(1)表示について、関係する諸法令を遵守し、適切に行うこと。
(2)加工食品に含まれる最低1品以上の農畜水産物の原産地が滋賀県であること。
Q4.加工食品における県産農畜水産物の占める割合が何%以上であれば、ロゴマークを使用できますか?
使用割合の基準はありませんが、キャンペーンの趣旨に基づいて、ロゴマークの使用にふさわしい商品であるかどうかを判断してください。
※加工地が滋賀県であっても、滋賀県産農畜水産物が使われていない場合や、伝統的な滋賀県の名産と呼ばれる食品であっても、滋賀県産農畜水産物が使用されていない場合は、ロゴマークは使用できません。
Q5.キャンペーンの実施にかかる費用は自己負担ですか?
はい。
キャンペーン推進店およびキャンペーンサポーター登録制度の登録費用は無料ですが、自らが行う掲示や広告、イベント等の実施にかかる費用は各事業者でご負担願います。
Q6.県が提供するキャンペーン活動の媒体はありますか?
はい。
キャンペーン推進店とサポーターの方に以下の媒体を提供しますので、県食のブランド推進課まで申し出てください。
ポスター、のぼり、ステッカー(推進店のみ)、キャンペーン映像広告、リーフレット
Q7.県外の食品販売事業者ですが、登録できますか?
登録できます。
このキャンペーンは、滋賀県内の地産地消を推進する運動の一環であり、開始当初は県内の事業者の皆さんへ参加を呼びかけてきました。
しかし、県外で滋賀県産農畜水産物やその商品のPRにロゴマーク等を活用いただくことも、県外消費者が県産農畜水産物の魅力を知る機会の増加や、滋賀県への来訪意欲や訪問時の消費意欲の高まりにつながり、ひいては地産地消の推進の効果があると考えられます。
こうしたことから、登録事業者の意向も踏まえたうえで、平成26年9月から、県外の食品販売事業者等も登録できるよう、キャンペーンを拡充しました。
Q8.県外で使用できるロゴマークは県内外バージョンのみですか?
はい。
県外でロゴマークを使用する場合は、産地の誤認を避けるため、県内バージョンのロゴマークの使用はできません。
また、キャッチフレーズ(自然がおいしい、心がうれしい。)およびサブフレーズ(やっぱり滋賀のもんがええなあ)を省略することもできません。

その他参考資料

Q&A

Page Top