トップページ > 琵琶湖ホテル

琵琶湖ホテル

「おいしが うれしが」の取組 ≪通年≫

~朝Kohanバイキング~(レストラン ザ・ガーデン)
琵琶湖の湖畔とご飯を掛け合わせた朝食。"Kohan(湖畔)"の名の通り、大きな窓からの雄大な琵琶湖の眺望は抜群です。
開放的なオープンキッチンで、地元滋賀の食を満喫していただける朝食を和洋豊富にご用意しました。
biwakohotelbreakfastbuffe.jpg
https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/biwakohotel/menu_cate/breakfast/

~大津近江米カレー「滋養豚カツカレーふわふわ卵丼」~
まずは滋賀県産棚田米とふわふわ卵で丼の味を堪能ください。
お好みのタイミングで琵琶湖ホテル自慢の牛すじカレーと滋養豚のカツレツで2度目の美味しさを味わってください。忘れられない感動をお約束いたします!

~里山の食彩プロジェクト~
お客様が食を楽しむことで里山の環境保全に寄与できる仕組みを作り、生産者と消費者の循環の輪を広げて、 お客様やパートナー、社員の環境意識の向上と理解を促進し、ファンを増やしております。
●2002年より累計200tの棚田米を使用(約42haの棚田保全に貢献)
●棚田米を使用した地酒「里山 酒のしずく」を累計1,400 本販売(2008年より)
里山の食彩:https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/biwakohotel/about/satoyama/

~山野草プロジェクト~
環境への取り組みを身近に感じていただけるよう、レストランで提供している棚田米が生産される田んぼの畦をモデルに里山の生態系を再現した取り組みになります。
ホテル植栽スペースに在来種を中心とした約 110 種類の山野草を植栽して、お客様にも直にご鑑賞いただけるようになっております。(2009 年より)

~棚田米と「みずかがみ」~
2711-07.jpg

当ホテルでは「日本の棚田100選」に指定されている農家と契約しており、棚田の美味しいお米をお客様にご提供するとともに、 実際に里山の田んぼを訪れ、毎年ホテルスタッフが田植え、草刈り、稲刈りをしています。
レストラン ザ・ガーデン」「ダイニング 菜」では滋賀県大津市の棚田米を、イタリアンダイニング ベルラーゴ」では滋賀県育成品種「みずかがみ」を使用しております。

~萩の露大吟醸「里山」~
2711-08.jpg

スタッフが米の栽培から携わり、滋賀県の老舗蔵元である福井弥平商店の協力のもと、食用米から純米吟醸「里山」を造りました。
日本酒の世界では"冷やおろし""秋あがり"と呼ばれるおいしい成熟酒を各レストランでお楽しみいただけます。

~プライベートワイン「MINORI」~
2711-04.jpg

滋賀県栗東市の農園で育った3種類のブドウをブレンドし、滋賀県内5ホテルのソムリエが手がけたプライベートワイン。
酸味、果実味、渋みのバランスがとれた深みのある味わいで、お土産としても◎。

(掲載日:平成29年4月1日)
  • 1

Page Top