トップページ > 食材紹介 > 近江しゃも

食材紹介

近江しゃも

噛めば噛むほど旨みとコクが増してくる。
じっくり育てられた滋賀県特産のおいしい地鶏。

ひとくち食べれば豊かなコクが広がり、噛めば噛むほど旨みが増してくる。それが平成5年に滋賀県の特産品として誕生した三元交配による高品質な地鶏、「近江しゃも」です。

近江しゃもはコクある旨みが最大の特徴で、適度な弾力をもった肉質は歯ごたえがあり、噛むほどに豊かな味が出てきます。その秘密は、通常の鶏肉の約2.5倍もの長い生育期間(約140日)にあります。飼料や環境に気を配りながら丁寧に育てられることにより、濃厚な風味の鶏肉になるといいます。

近江しゃもは、まず、すき焼きや水炊き、炭火焼きなどで本来の鶏肉の旨味を存分に味わってください。濃厚なソースに負けない豊潤な肉本来の味がありますので、ソテーなどにもおすすめです。栄養バランスにも優れた近江しゃもをぜひご賞味ください。

お問い合わせ 近江しゃも普及推進協議会(電話:0748-33-4345)

これまでの「近江しゃも」の産地レポート

       

Page Top