トップページ > 食材紹介 > ぶどう

食材紹介

ぶどう

観光農園を主体に多様な種類を栽培。
幻のぶどう「紅式部」もお見逃しなく!

  • 「紅式部」
  • 粒の表面に付いた白い粉は「ブルーム」と呼ばれ、新鮮さの証。
  • たわわに実った「紫苑」。

夏真っ盛りの8月から初秋の9月にかけて、滋賀県では各地でぶどうが旬の季節を迎えます。滋賀県のぶどう栽培は、観光農園が主体。マスカットベーリーAやデラウェアなど定番のぶどうはもとより、巨峰、ピオーネ、竜宝など多様な品種が栽培されており、食べ比べができる面白さがあります。

注目して欲しいのは、全国的にも生産量の少ない紅(あか)系品種のぶどうです。紅系品種のぶどうは、香りが高く甘みと酸味のバランスが絶妙で、粒を口に入れた途端プチッと果肉が飛び出し、ジュワッと甘くておいしい果汁が口の中いっぱいに広がります。

その中でも、糖度や房の大きさなど滋賀県果樹組合連合会が定めている6つの基準をクリアした最高のぶどうを、滋賀県では「紅式部(べにしきぶ)」の名前で販売しています。この紅式部は収穫期間が10日間しかない"幻のぶどう"。長時間の輸送に向かないデリケートさゆえ、観光農園の直売所やインターネット販売でのみ8月中旬頃に限定販売されます。

みなさんもお出かけの際はお近くのぶどう園をチェックして、たわわに実ったぶどうをお楽しみください。また、近隣の道の駅では地元産のぶどうを使ったジャムやパンなど珍しい商品も開発・販売しています。

主な生産地 守山市、東近江市、竜王町、長浜市、高島市など
収穫時期 8月~9月中旬
購入場所 道の駅、直売所など
「紅式部」について お盆前後のシーズンには下記で販売予定です。
 ただし、生産量が限られるため、事前に販売状況をご確認ください。
・HP予約販売:アグリパーク竜王
・もりやまフルーツランド(電話:077-585-4863)
・今荘観光ぶどう園直売所(電話:0749-74-1322)
・産直びわ直売所(電話:0749-72-4137)
・マキノピックランド内直売所(電話:0740-27-1811)

Page Top