トップページ > 食材紹介 > イサザ

食材紹介

イサザ

深い湖底にすむ琵琶湖の固有種。
すき焼き風の「じゅんじゅん」や佃煮に。

  • イサザ茶褐色の体をしており、腹は白い。
  • イサザハゼの仲間で頭が大きく、湖底をはっている。
  • イサザ豆大豆と一緒に煮た「イサザ豆」。

イサザはハゼの仲間で、水深70m前後のところに生息している琵琶湖の固有種です。
体長7cmほどで薄茶色をしており、頭と口が大きいのが特徴的。4月頃に湖岸の浅瀬の石の下に卵を産みつけ、オスが孵化するまで世話します。

イサザは白身で淡白な旨みがある、とてもおいしい魚です。大豆と煮た「イサザ豆」や佃煮への利用が一般的ですが、湖北では、すき焼き風に煮た「じゅんじゅん」やイサザ豆は、冬に行われる冠婚葬祭の行事食には欠かせない料理です。

近年漁獲量が減少しているイサザですが、長浜市など漁港近くの道の駅や湖魚専門店では、手に入れることができます。

主な漁獲の時期 9月~4月
旬の時期 11月~3月
お問い合わせ 滋賀県漁業協同組合連合会(電話:077-524-2418)

これまでの「イサザ」の産地レポート

Page Top