トップページ > 食材紹介 > ニゴロブナ

食材紹介

ニゴロブナ

骨と身、卵、ご飯のバランスが絶妙。
滋賀県特産の"ふなずし"は忘れられない味!

  • ふなずしご飯で漬けこんだ"ふなずし"。
    伝統食。ハレの日のごちそう。
  • ニゴロブナニゴロブナ。他のフナに比べて
    下あごがはっている。
  • ニゴロブナの水揚げ

ニゴロブナは琵琶湖の固有種で、滋賀県名物の「ふなずし」に利用される魚。
琵琶湖には他に、ギンブナとゲンゴロウブナも生息していますが、卵を持ったニゴロブナで作ったふなずしが珍重されています。

生後2~3年で約30cmに成長しますが、近年、漁獲量が減少しており、滋賀県では資源保護の観点から、全長22cm以下のものは漁獲を禁止しています。

一方、ふなずしは、ご飯で漬けこみ発酵させた、滋賀を代表する食べ物。冷蔵庫などがなかった時代に、魚を長期保存する方法として考え出され、平安時代にはすでに食べられていたという記録も。独特の風味がありますが、大変おいしいもので、その酸味、甘み、塩味、旨みは一度はまるとやみつきになります。

主な漁獲の時期 2~4月
お問い合わせ 滋賀県漁業協同組合連合会(電話:077-524-2418)

これまでの「ふなずし」の特集

これまでの「ニゴロブナ」の産地レポート

Page Top