トップページ > 食材紹介 > 

食材紹介

清々しい香りとほろ苦いテイスト
滋賀県の鮎は、四季折々の姿で楽しめます。

  • コアユ初夏の小鮎
  • 氷魚(ひうお)鮎の稚魚「氷魚(ひうお)」
    体が氷のように透き通っている。
  • コアユの佃煮滋賀の名産。小鮎の佃煮。

別名、香魚、年魚とも呼ばれる鮎は、滋賀県の代表的な湖の幸。琵琶湖の鮎は、春に琵琶湖へ注ぎ込む川をのぼって大きくなる鮎(大鮎)と、琵琶湖にとどまり10cm程度にしか大きくならない鮎(小鮎(コアユ))がいます。

なかでも、春から初夏にかけてはコアユ漁が最盛期を迎えると、新鮮なコアユが小売店やスーパーなどで見かける機会が多くなってきます。コアユの天ぷらはちょっとほろ苦いテイストで、揚げたてはとびきりの味。また、コアユの佃煮をあつあつのご飯にのせて戴くとコアユの旨みが口の中いっぱいにひろがります。コアユで琵琶湖の風情を感じてみてください。

これまでの「小鮎(コアユ)」の特集

これまでの「氷魚(ひうお)」の産地レポート

Page Top